オフィス複合機の選び方|プリンターのクリーニングで大切な物|欠かせない洗浄カートリッジ
男女

プリンターのクリーニングで大切な物|欠かせない洗浄カートリッジ

オフィス複合機の選び方

コピー機

複合機の種類

ほとんどのオフィスにはコピー機やプリンター、ファクスが導入されています。現在はこれらの機能を1台で集約した複合機も多く導入されています。複合機にも様々な種類があります。複合機にはモノクロ、カラー複合機の2種類に分かれます。さらに月間10.000枚程度の中、低速機と30.000枚や50.000枚以上の印刷も可能な高速機にわかれます。高速機になりますと高耐久性が必要とされますので、比較的作りも大きくなります。価格も100万円から300万円を越える物まであります。コピー機としての機能やプリンターとしての機能をメインとして考慮される場合は、その機械の耐久性や安定性が要望とするレベルを持つか否かは非常に重要です。購入後に色味が合わないや、使用頻度が高すぎ故障が多発するケースは非常に多くあります。

付加価値も重要

複合機を導入する場合、多くがコピー機としての機能やプリンターとしての機能をメインとして導入されますが、様々な付加価値も導入におけるポイントとなります。主にコピー機として使用する場合などでしたらオプションで紙排出時に2つや3つに折ってくれたり、ホチキス止めや製本まで可能な機種も多くあります。その様な機能を持つ機種は図面や製本作業が必要なオフィスには非常に人気があります。また、社員数の多いオフィスなどになりますと誰がどれくらい使用したのかを詳細に管理できる機能を搭載した機種なども人気があります。近年各メーカーとも、クラウドとの連携を強化した機種が多くなっています。拠点間や外出先からの文書共有が可能となります。